無痛歯周ポケット測定器具Pkensaが発売になります
歯学博士 秋広良昭

はじめに

良い検査器具でも、役立つ検査器具でも、激痛があっては市民に普及しません。激痛は貴重な情報も評価も消し去ります。歯周病はsilent diseaseと言われ8千万人にいる様です。 無症状で経過する感染症です。検査時の激痛を聞き・恐れ歯周検査を受けないでも無症状な経過を辿ります。中高年のある活躍時期、重篤な疾病が歯周病菌と仮に関連した疾患になっても、歯周病由来の原因だと気気付ません。検査の激痛は大事な病気予兆を隠します。

歯石と歯周病

歯周病は歯周病菌と関係します。唾液と共に大部分の歯周病菌は嚥下時に胃に飲み込まれます。しかし、口呼吸すると唾液は乾燥し、唾液の中に含まれるCaイオンは歯垢、歯石と形を変えて歯根表面に残ります。その際に、歯周病菌は歯石に付着繁殖します。歯周ポケット内部は見えないので歯石の増殖状況が確認出来ません。歯石は確実に歯周病菌の塊りといえます。歯石は日々の口呼吸の悪影響で上下に屏風状に成長・広がります。歯石は全周を歯肉上皮組織と常に密着・接触し、3密状況その物で最悪感染環境を作り出します。

歯周ポケットの内面の形態

2ミリ以内の溝は歯肉溝と称され、3mmの深さから病的な歯周ポケットと呼ばれます。
歯周ポケットがあると内部には歯石があると推測でき、歯周病菌も繁殖しています。深さ環境で棲息細菌は変わります。歯周ポケット断面は、歯石の大小、歯根数、歯根表面の凸凹で厚薄多種に変化します。術者は歯根が直線と限らぬのにポケットを直線と思い込み、真直ぐな形態を思い描いて計測します。感触頼りの深さ測定は限界があり、歯石を乗り越え、その後方向を是正する機能、即ち鋼材に無いシナリの変化に適応する材質が必須です。

歯石の深さと関連疾患

人類の発生から長い時間が経過している為に、歯石付着が浅ければ、そこに棲む歯周病菌には免疫力を獲得しました。しかし、急速な高齢社会の今、人類には深い歯周ポケットで繁殖する歯周病菌への免疫力を持ち合わせていません。壮年期から発症する心疾患や脳血管障害疾患、高齢者の認知症や骨粗鬆症など、高齢でないと発症しなかった疾患、年齢特有の疾患が特定し難く成りました。浅い状況には浅い数値が、深い状況には深い数値が計測出来ないと計測の意味がありません。正確な検査の結果、深い歯周ポケットなら、弱若者であっても「いわゆる高齢者特有と言われた疾患」迄も発病予知ができます。

おわりに

今迄は痛みを与えさえしなければ、暗闇の歯周ポケット底部迄の距離測定は容易だと誤解していました。不正確な検査では検査なしで治療計画を立てるのと同じで、従来の手探り感触での検査結果では治療が成功に繋がりません。これからは湾曲している歯周ポケットでも確り測れる器具が出来たので歯周治療の劇的進歩が楽しみです。市民は真面目な診療をして下さる所を探しています。真実追及の姿勢がないと逆に患者様に差別化されます。

ドクターコラムTOPへ戻る